読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むち打ちエンジニアおじさんのブログ

エンジニア1年目の本音を綴ります。。。

アメリカでは2020年までに人口の半分がフリーランスになるってさ。えええええええええええ

アメリカでは2020年までに人工の半数がフリーランスになるってさ。。

え、、、、想像できないなああ。。。

そんな記事を読んで、びっくりしました。そしてあくまで日本のフリーランス市場に関して少し調査をしてみました。

そもそもフリーランスの定義って何かというと、個人事業主とほぼ同義だそう(正確に言うと、結構な違いがあるけど)。フリーランスと言うのは個人で仕事を受注し、仕事をして報酬をもらい、それを単発的に行う人のことを指すらしい。例えば、Airbnbのホストとかはフリーランスに当たる。

日本におけるフリーランスの人口は約1300万人だそうで、思ってたより多い。。。

www.lancers.co.jp

サラリーマンとして働いているので、あまりこう言う世界が想像できないです。まあ、個人で財務管理しないといけない人が増えてきているってことは事実なんだろうな、と急成長しているfreee(会計クラウドシステム)とかみて思います。

で、ここからが日本のフリーランスにおける話の僕の持論になってきます。

フリーランスという業態は間違いなく増加していくと思います。特にこれだけネットというインフラが整備されてきた時代では様々な情報が行き交い、それをキャッチしていく。ただし、それらの情報は人並みだと淘汰されてしまう。なので、人と違うことや人並みはずれた技量を示したもので自己をアピールする必要が出てきます。つまりは、自己と他社の差別化が非常に重要な時代になってきます。

例えば、フリーモデル。ここ数年でそんなフレーズがバズりました。現状、モデルという言葉が一人歩きしてしまい、どんな人でもモデルを名乗れます。モデルという職業は誰にでもなれるんですね。(フリーモデルをディスってるわけではありません。)

また、youtuberでも同じことが言えます。動画を撮って、投稿するだけで誰でもyoutuberになれます。

つまり、ここで言いたいことは、フリーランスが流行る世の中では誰でもそれらの職種を名乗ることができます。それをチャンスだと捉えて、様々なフリーランスがそこに集中します。ただし、思ったように仕事が取れません。思ったように再生回数が伸びません。

その理由は簡単で、マジョリティーになってしまうと需要は分散されてしまいます。ここではマイノリティーになる必要がある、といったことを言いたいわけではありません。

マジョリティー化する職業に対して、しっかりと自己の能力を磨くことができる必要が大事です。

youtuberなら動画の画質を上げる、視聴者が求めるコンテンツを提供する。フリーモデルならターゲットを絞ってその人たちに向けたアピールをする。

当たり前のことかもしれませんが、そのような努力と工夫は今以上に必要になってきます。会社の財力やネームバリューがあるので、契約が取れる、受注できる時代はもう数年ごに終わると思っています。

それらに執着せずに、消費者が本当に求めているものを提供できる人のみが生き残っていく世界になっていくと思います。(※個人単位で)

 

少し長くなりますが、ここからはスタートアップの話にシフトチェンジします。

上記のフリーランスの話に共通することですが、スタートアップもネームバリューや財力も大手に比べるとありません。そこで重要なのは、アイデアとスキルです。大手勤務の誰よりもスキルがあり、誰もが思い浮かばないようなアイデアを持って進めるビジネル。そんなもののみ、生き残っていく時代になると思います。

スタートアップにおいて、こんな記事を見つけましたのでシェアします。

medium.com